医学を超えて人間の健康を追求する人生の処方箋

トップページ メニュー 健康 大腸洗浄療法

健康(Body)〜大腸洗浄療法

各項目をクリックすると小見出しにジャンプします 効果効能医療関係者質疑応答どこまで洗浄できますか?1回何分かかりますか?
何回やればいいですか?痔があっても大丈夫?腸手術後は出来ますか?やってはいけない場合は?
施術期間中の食事は?腸内細菌はどう変化?善玉菌も流れない?下剤と何処が違う?
誰でも施術できますか?初めての洗腸体験もう1人のモニター体験洗浄後のお腹の具合
2回目の洗浄体験医者の便秘の扱い大腸内視鏡専門ドクターへのインタビュー腸内細菌

大腸洗浄療法(コロンハイドロセラピー)というものがあります。
欧米ではかなり一般的に認知されているもので、エステ感覚でやっている所もあるとか。
丁度、ベラルーシからこの治療に携わって10年以上経つと言うベテランの医師が来てその効用や使用法などを色々とお話ししてくれました。
この先生はロシアのオリンピックチームのスポーツドクター(普通の医者ではこの職には就けないそうです)まで勤めた事がある程の実力の持ち主です。
早速講義が始まりました。内容を要約すると次の通りです。

大腸洗浄療法の効果効能

腸は口や肛門と折り返してつながっています。
腸を綺麗にする事で皮膚疾患(アトピーや吹き出物、シミ等)の改善効果もあるそうで、その先生も年齢に比べかなり綺麗な白い肌をしていてビックリしました。
実はダイアナ妃やハリウッド女優、スーパーモデル達も、健康と美容のために腸を洗浄していたのです!
それだけでなく腸を洗浄する事で、腸内細菌の(善玉菌と悪玉菌)バランスの環境が改善されてきます。
腸内細菌叢のバランスを善玉菌優位にする事で、高血圧が改善したり、免疫力が向上したり炎症を抑える効果も明らかにされつつあると言います(詳細は機能性食品のコーナーを見て下さい)。
実際、この先生の病院(ベラルーシ)では手術前に大腸洗浄をやる事で術後の創傷治癒、回復が早くなる事もあるようです。
更に、宿便がなくなることで、新陳代謝エネルギー代謝が促進され必要以上に食べ物が欲しくなくなり結果的にダイエットにもなると言います。
実際ロシアでは、これをやって10kgもやせた人がいるようです。
人肌の温度の洗浄水で大腸が内側からごろごろマッサージされる事で、副交感神経が活性化されリラックス効果もあります。これが血圧の安定化に一躍買っているのかも知れません。
というわけで地元ベラルーシでは予約待ちが数ヶ月先まで入っているそうです。
丁度、エステとクリニックの中間的存在で気軽に体験できるのが嬉しいところです。
自費ではありますがその価値は十分ありそうです。
ここで、その場に集まった医療関係者達から色いろと質問が出ました。私もついでに色いろと聞いてみました。

ページの先頭に戻る

医療関係者による質疑応答

大腸洗浄で何処まで洗浄できるのでしょうか?

直腸から7〜10cm程管を挿入しそこから滅菌した人肌の洗浄水を注入して行きます。洗浄機には圧力計が付いていて、腸の内圧をcheckしています。初めは圧をかけないでsoftに少しずつ洗浄してゆきます。少しずつ洗浄水が結腸の奥まで入ってゆき最終的には上行結腸まで到達します。それ以上は回腸(小腸の最後の所)と上行結腸の移行部が弁状になっていますから小腸まで洗浄水が入って行くことはありません。つまり大腸は全部綺麗に洗浄する事が出来ます。

1回何分ぐらいかかるのでしょうか?

人により個人差がありますが大体45〜60分です。

何回やれば良いのですか?

経験上1日おきに4回やって、後は半年に1回のペースでやってください。

痔があっても大丈夫か?

大丈夫です。

腸の手術後の場合は出来ますか?

術後1年間はあけてください。

やってはいけない場合(禁忌例)はどういう場合ですか?

お腹を外からも良くマッサージしながら行いますので、それに耐えられない疾患をお持ちの方は出来ません。例えば、腹部大動脈瘤などですね。 後、高齢の方にはあまり致しません。

施術期間中食事はしても良いのか

もちろん構いません。

洗浄で腸内細菌はどう変化しますか?

主に悪玉菌が洗い流されて善玉菌が残ります。

善玉菌も流れないのですか?

大腸(結腸)を輪切りにしてみた時、主に善玉菌は腸壁の腸絨毛(腸壁にある細かい毛)付近に生息していて、悪玉菌は腸の内腔の中心部に主に生息しているので、洗浄で流されるのは悪玉菌が中心になります。また、全部流されたとしても自然に善玉菌は繁殖してきます。

下剤と何処が違うんですか?

経口の便秘薬は、科学的刺激によって大腸を刺激、収縮させて強制的に排泄を促すもので、大腸全部が綺麗になる事はありませんし、長期濫用するとかえって腸の機能低下を招きます。
浣腸では、肛門から少し入ったS状結腸まで(大腸の出口付近ちょこっとの所)の便を出す事しか出来ません。
また、1980年Davisらによって考案された経口腸管洗浄液(Polyethlene glycol electrolyte lavage solution 商品名:ニフレック)は大腸内視鏡検査の前処置として一般的ですが良好な洗浄効果を得る為には2000ml以上の内服が必要で、体格の小さい日本人被験者にとっては必ずしも容易に許容できる量ではありません。 
一方大腸洗浄では、人肌の白湯で少しずつ腸内を洗浄して行きますので、自然な排泄を促します。硬くなった便も柔らかくほぐれて出てきます。
そして、大腸全体(直腸からS状結腸下行結腸横行結腸上行結腸盲腸まで)が洗浄できまるのです。また、大量下剤摂取後の様に、急激な下痢や脱水による循環器系への影響もありません。

誰でも施術できるのですか?

施術者は医療行為に当たるので医師や看護師に限られます。
話を聞いているより実際に体験していただくのが一番でしょう。

ページの先頭に戻る

初めての洗腸体験

初めての洗腸体験

という事で、私がモニターとなって、いよいよ初めての洗腸体験を受ける事になりました。
それを他のドクター達も興味深く見学する事になりました。 (注:通常の大腸洗浄では見学者などはいません。)
まずは使い捨ての検査着に着替えます。洗腸するわけですから当然、お尻側にスリットがくる様にズボンを着用するのですが、つい、普通のズボンのようにスリットが入っている側を前にしてしまいそうになりました。
前後逆に着用しては大腸洗浄出来ません。「危ない危ない」と思いながら、慎重に着替えて施術台に上りました。
そして、左側臥位になり足を丸めてお尻を突き出すような姿勢になります。すると先生がズボンのスリットから洗腸用の管を「そ〜っ」とお尻に差し込んできました。
その管は見た目にはちょっと太くて、「そんなに太いの〜〜」と思いましたが、これでもベラルーシでは子供用のサイズだそうです。彼らは一体どんな凄い物を入れてるのでしょうか?日本人で良かった〜!
見た目は痛そうでしたがジェルを管の周囲に塗ってくれる為、思っている以上にすんなりと入ってしまいました。そのままゆっくり両膝を曲げたまま仰向けになり洗浄開始です。
だいたい人肌の37度程度の暖かいお湯を少しずつ入れてる様なのですが、初めのうちはその感覚が全く分かりません。本当に洗ってるの??という感じです。
先生は私のお腹を「の」の字の方向にマッサージしながらお湯を出し入れしていきました。洗浄後のお湯はそのまま排液管を通して下水道へ流れて行く仕組みになっているので処置中に汚れたり臭いがする事もありません。
その排液管は透明になっていて、洗浄後の排液の様子が良く分かるようになっています、その先生は便が出てくるとその形や色などを見て腸の具合がある程度分かるようです。
そして、その場に来ていた先生達も興味深く私が腸洗浄している現場をのぞいて見に来ましたが、全く恥ずかしくありませんでした。
暫くすると、少しずつ気泡が排液管の中に出てきました。先生が「ガスが出てきましたよ。」と言うと、みんなドレドレと身を乗り出して見ています。
結腸内にあるガスが出てきたようです。その後もマッサージを続けて行くと少しずつガスが出て行くと同時にだんだん洗浄液が結腸の奥深くまで入ってきているのを感じるようになりました。
先生がお腹をマッサージするとお腹で水がたまっている音(ポチャポチャ)が聞えてきます。それに伴って結腸内に潜伏していたガスが浮いてきたようで、腹部を打診するとポンポンといい音を立てて響きわたります。
ガスが腸内に充満して来ているのでした。排液管の中に気泡がプクプク出てきていて、このガスも少しずつ洗い流されているようです。
そして先生が排液管の出口を止めると、洗浄液がどんどん腸内に溜まって来ました。腸内圧計が少しずつ上昇してくるのが分かります。
「この時急に腸の内圧が上昇したりすると大腸内に何か問題がある事がありますので、病院で精密検査をしてもらうようにしています。実際これで大腸癌が見つかったケースも何例かあるんですよ。」と言います。
ただの洗浄しているだけでなく、癌まで見つけてしまうとはさすが経験豊富な先生だと感心してしまいました。
これは誰でもできる物ではなく長年のキャリアで培った勘のなせる業のようでありました。
私の場合は徐々に腸内圧が上昇していったので安心して内圧計の針がゆっくり上がっていくのを眺めていました「うん順調順調、健康健康!」。
しかし、そしてそれは急激に襲ってきたのです。針がある程度上昇した時、突然強い排便感が襲ってきました。
「うううっ…ト、トイレに行きたい!です〜」丁度、大便をしたいのにトイレが空いてなくて、ドアの前でモジモジ我慢している時の様なしんどさが襲ってきたのです。
「は、はやくして〜〜」それを伝えると先生はサッと排液路を開放して腸内洗浄液を流出させてくれました。「あ〜〜」出したかった便が気持ちよく出て行く時の感覚です「助かった〜」。
しかし、実際出てくるのはガスばかりでした。
「随分ガスが貯まっていますね、是非4回位やってくださいね。2回目ぐらいから宿便がもっと出てきますよ。ガスが沢山溜まっている人は初回の時は宿便が全く出ない人もいるんです。」
何回かモジモジ感覚を覚えては開放感に浸るというのを繰り返して行くと、ある時急に排液が茶色に濁って出て来ました。
もう皆大騒ぎです「出た〜とうとう出てきましたよ!」「お〜〜!」「やったね」「こんなに茶色よ見てごらん!」「宿便出ましたね!」客席?からは歓声が聞えてきます。
人様の前に自分の便が出て来るなんて、普通は顔も合わせられない程恥ずかしい筈なのですが、皆が余りに歓声を上げて喜んでくれるのでなぜか得意気な気分になってしまいました。
「やったぜ!凄いでしょ!」ガッツポーズ!までは流石にいきませんでしたが。
そうこうしている内に良く観察していると小さい5〜10mm前後の塊も少し出てきていました。「少し出てきましたね。次回はもっと沢山出てきますよ。」
私の場合はガスが多かった為、通常45分の所をちょっと延長し60分程行ったようです。「ではこれで今日は終りにしましょう!」
大腸内に入った洗浄液を排出し終わると、お尻に差し込んでいた管を抜き取りました、でも何かまだ全部出し切ってない感覚があります。
管を抜いてベットから下りるとすぐトイレに入りました。
するとガスと共にぬるっとした粘液状の宿便らしきものがドドッと出てきました。
洗浄中に出てこなかったけれど、出口付近まで流れ着いてきていた宿便達がガスと共に気持ちいいようにどんどん出て行きます。
一通り出て行くと「ふ〜」っと気が抜けたように楽になって来ました。 もうフワフワ体が軽くなって何処ぞへと飛んで行ってしまいそうです。
どれどれ、と体重計にのってみると洗浄前に比べて800g軽くなっていました。それだけ宿便が出て行ったという事でしたが。 感覚ではもっと軽くなったような気がします。
洗浄室から出てくるとヨーグルトサービスで迎えてくれました。
「善玉菌のビフィズス菌を補給しましょう!」。
これがまた、格別に美味しいものでした!

ページの先頭に戻る

もう1人のモニター体験

私の後、次のドクターがモニターになって洗腸する番です。
私はソファーの上で放心状態でしたが先生は休む暇などありません、すぐ次の準備です。
大変ですね、でも来日している短い間に少しでも多くの日本人にこの大腸洗浄の素晴らしさを体験して欲しいという思いで一杯な様で少しも疲れた顔を見せません。
少し、落ち着いた所で、次の人の洗浄の様子を見に行きました。今度は私も客席観戦する番です。人によって腸内環境が違うようで、この方は始めのうち少しガスが出ただけで、割りと早めに排液が茶色に染まってきました。
「あっ出てきましたよ!」「もう宿便が出たみたいですね。」
「ああ!ホントだ」「凄い凄い!」相変わらず凄い歓声です。
私もつい一緒なって「随分早く出ますね、うらやましいな!」なんて声をかけると、得意気な笑みを浮かべていました。
決して綺麗では無い便なのですが、ここでは完全に「宿便=悪者」ですから出てゆくと、皆で祝福するような感覚になるのでした。
排液口を閉じて、内圧計が少しずつ上昇して行った時も、私がやった時に比べモジモジ感が少ないような印象でした。針もゆっくりスムーズに上昇しており特別異常はなさそうです。
「とってもすっきりしましたよ。お腹が軽くなりました!」と出てきました。その表情は誰が見ても一目瞭然、大腸洗浄前と比べ全然違ってすっきりとした物でした。

ページの先頭に戻る

洗浄後のお腹の具合

その日の夜、皆で先生を囲んでの夕食会が開かれました。
せっかくお腹の中を綺麗にしたばかりで、空腹感も別段無く、今日は夕飯無しでもいいかな何て思ったりもしましたが、先生はお腹ぺこぺこです。
休みなしに一人1時間弱かかる洗腸を45人続けてやって下さったのですから。
控えめにしておこうと思いましたが、結局料理が沢山運ばれてきたので普通に食べてしまいました。
終わってからもずっとお腹は、ゴロゴロ活発に動いていて時折ガスも出てきてます。
夕食パーティーの場でオナラが出ないようにお尻の筋肉をコントロールするのが大変でした。
結局翌日になってもお腹の動きは良好で、ガスも少し出ていました。

ページの先頭に戻る

2回目の大腸洗浄体験

一日おきにやるのが良いらしいのでしたが、仕事の関係もあって中2日あけて2回目の大腸洗浄に行きました。
2回目は、1回目に比べモジモジ感も含め全体的に楽に感じました。
また、同じように先生がお腹を「の」の字に良くマッサージしながらお湯を少しずつ出し入れしてくれます。2回目は始めガスが少し出てきたかと思っていたら、すぐに排液が茶色く濁ってきました。
宿便ちゃんのお出ましです。2回目はギャラリーはいませんので誰も褒めてくれません。でも先生と私でもり上がりました!
「今日はもう出て来ましたよ、ほら、まっ茶色でしょ〜!よく見ると、小さな塊も出てますよ。」「お〜、有難うございます。」
宿便が出るって言うのは何回見ても良い物ですね。
何回か2人で喜んでいると「では終わりましょうか」と言って来ました。「ええっ!もう終りですか?」この時はあっという間の45分間でした。
終了後トイレに駆け込むと、またまた出口付近まで洗い流されて来ていた粘液状の宿便がドドッと出てきました。
これを全部出し終えると何とも表現しにくいのですが、全身がすっきりと楽になるのでした。2回目は体重計で計ってみると前後で400g体重減少していました。
終了後は美味しいヨーグルトサービス(善玉菌!!)で締めくくるのでした。
今回このロシアの先生の在日期間が1週間しかなく、私の仕事の都合もあって結局直接先生からは2回しか洗浄を受ける事が出来ませんでした。でも、ちゃんと先生は1週間みっちりと弟子を育てていったのでした。

ページの先頭に戻る

医者の便秘の扱い

さて、ベラルーシの先生のお話は納得できる部分が多いですが、実際に日本ではどのように扱われているのでしょうか。早速文献検索して調べてみました。
まず大腸洗浄や便秘に関して調べて行くとNurseの研究がほとんどでDoctorが研究しているケースはあまり見つかりません。医師の中では便秘は意外と軽く捉えられ盲点となっている事を象徴しているようです。
そう言う事もあって、論文も大腸洗浄を単なる便秘対策として捕らえているのがほとんどでした。
生活習慣、食習慣の改善はもちろんベースとして大切な事ですが、大腸洗浄を行う事で腸内細菌叢の改善が見込めます。
そして、腸内細菌叢の改善によって皮膚疾患や免疫能の改善、血圧安定の可能性がある事やダイエットなどの効果にまで言及している物はほとんどありませんでした。
日本では、大腸洗浄はそこまで普及しておらず十分なデータもないからでしょう。
もし、ベラルーシの先生の話が事実なら(10年以上のキャリアーから先生は実際にそのような効果を目の当たりにして実感しているようなのですが)凄い事ですね。

ページの先頭に戻る

大腸内視鏡専門ドクターへのインタビュー記事

色々調べた所、コロンハイドロセラピーの専門家ではありませんが、大腸内視鏡専門クリニックの院長先生(大腸内視鏡検査2万件のご経験がある!)とインタビューアー(看護職)の大腸洗浄についての対談した記事を見つけました。ちょっと抜粋しておきましょう。

Q.コロンハイドロセラピーの登場についてどのようにお考えでしょうか?

A.このテーマにお答えするのはなかなか難しいですね。どの医者も実は避けたいと思っているテーマではないでしょうか? 便秘を主訴にいらっしゃる患者さんに「どうしたらいいでしょうか?」と問われても結局、下剤を処方するしかないのが現状です。 下剤を出せば出すほど大腸の括約筋は弱くなり、特にセンナ系の薬剤の場合は一時的には排便があるけども腸の収縮はますます弱くなると頭で分かっているのに、その悪循環を断ち切れないのです。

Q.頑固な便秘への解決策としてコロンハイドロセラピーが登場したわけですね。

A.最近ではエステ業界で大腸温水療法が凄くはやっていて、数ヶ月先まで予約待ちだそうです。現代医学が無視してきた盲点をうまく突いたわけですね。実は便秘で悩んでいる人が沢山いたという事を如実に表しているのだと思います。

Q.お通じの問題解決は非常に重要だと思うのですが。

A.高齢者の場合口から2リットルのニフレック(大腸内視鏡を行う前等に飲む2リットル程の経口腸管洗浄剤)を飲んでもらうより直腸から注入する方が断然安全だと思います。
直腸やS状結腸に便がカチンカチンに固まっている状態で2リットルもニフレックを飲ませると、スムーズに排出されないでお腹が膨らみ、最悪の場合、腸閉塞(絞扼性イレウス)を起こす事があります。私も実際経験した事がありました。でも、下から(肛門)から入れた物はその先で詰まっていても必ずまた戻って出てきますから直腸からの注入の方が安全かもしれません。
そして、便秘が大腸癌の危険因子である事はほぼ証明されています。古い便が腸内に停滞していると有害物質が出てきて遺伝子を傷つけ大腸腫瘍が発生しやすくなります。活発に運動して便通が非常にスムーズな方は大腸癌になりにくいのです。

Q.最後に、コロンハイドロセラピーの科学的根拠を教えて下さい。

A.セラピー前後において、腸壁に付着している便と管腔に遊離している便の成分や腸内細菌、発癌物質の量などの違いについては、まだ十分なデータも無い状況なので科学的根拠は不十分な段階だと思います。しかし、頑固な便秘の治療としては非常に将来性のある画期的なものだと思います。
【文献:Nursing Today 2002-1 Vol.17,No1 56-59】

ページの先頭に戻る

腸内細菌

さてそれでは今度は腸内細菌について見てゆきましょう。腸内細菌叢とは、腸の中に住んでいる100種類(100兆個)以上もの細菌で、「善玉菌」「悪玉菌」「中間菌」の3種類に分類されます。この腸内細菌叢のバランスを崩す原因としてストレス偏った食習慣不規則な生活習慣宿便の蓄積等があります。
何でもやってもらうばかりでは効果は不十分です。宿便をとる方法は見つかりました。後は腸内環境をより良くするにはどうしたら良いでしょうか?まずは食事に気をつける事くらいなら意識すれば出来そうですね。
ということで、次に腸内細菌と食事について考えて見ました。
便秘の大きな原因の1つは食事にあります。近年、便秘の患者数の増加と併行して大腸癌の患者数が増加しています。これは日本人の食事の欧米化が原因と言われています。ですから、腸内の環境を改善すると同時に食事の改善を行う必要もあるという訳です。善玉菌にを増やし悪玉菌を抑えるにはどうしたら良いのでしょうか?
腸内善玉菌の代表は乳酸菌やビフィズス菌です。そしてこれらの増殖を助けるのが 「オリゴ糖」や「食物繊維」なのです。
悪玉菌による腐敗を防ぐためには、肉類を控えめにするのも効果的です。
ある歯医者の先生はこんな事をおっしゃっておりました。「歯を見てください。穀物や野菜の為の歯が、28本あります。肉の為の歯は4本です。これは自然界が、人間の体にとって一番いい、穀物野菜と肉のバランスが、28対4つまり7対1だと教えてくれているのです。この比率で食事しましょう。」なんか説得力ありますでしょ。
さて、オリゴ糖は善玉菌の餌となる一方、悪玉菌はオリゴ糖を食べないので、善玉菌が悪玉菌よりも多くなり腸内のバランスが良くなるのです。
食物繊維はオリゴ糖同様、善玉菌を増やします。また悪玉菌が作った発癌性物質を便として排せつしたり、血糖値を下げたりします。しかも腸内で水分を吸収して膨張しますので、便の体積を増え、それに伴って腸の蠕動運動が促されるため、便意をもよおす(便秘しにくくなる)のです。さらに、満腹感を高めることから、食べ過ぎを防止し、成人病を予防します。
もうちょっと詳しく調べてみますと。
食物繊維は、穀物、豆類、芋類、野菜、果物、海藻などに多く含まれ消化吸収されずに大腸に到達するという特徴を持っています。
効用としては

  • ビフィズス菌を初めとする腸内善玉菌の繁殖を助ける事により悪玉菌の働きを弱め大腸癌の予防に役立つ。
  • 腸内のかさを増す為、排便がスムースになり更に、善玉菌が作り出す乳酸や酢酸が腸を刺激して蠕動を促進する為、便秘対策になる。
  • 腸内悪玉菌によって作られた有害物質を吸着したり保水性とかさを増す作用によってこれらを2〜3倍に薄める為、大腸癌の予防につながる。
  • 糖質の吸収速度を緩め、血糖値の急激な上昇抑制効果がある。
  • 食品中のコレステロールや中性脂肪、等を抱きこみ体外に排泄させる作用があるのでコレステロールを下げる効果がある。

これだけ見ると沢山食べたくなってきますね。でもこればっかりではいけませんよ!
さて、ここで世界の長寿村の食生活を見てみると、ヨーグルト等の発酵乳を常食としている所が多く、主食は小麦や大麦、とうもろこし、そば等の雑穀類で豆、芋、野菜、果物を豊富に食べている事も共通しており食物繊維を十分にとっている事が分かります。
日本の長寿村として知られる山梨県上野原町の棡原(ゆずりはら)地区の高齢者の腸内には善玉菌の代表であるビフィズス菌の菌数が非常に多く、悪玉菌の代表であるウェルシュ菌の検出率が低い事が明らかになっています。
【文献:臨床栄養 Vol.98No.5  2001.5  510】
何でも極端に偏ってはいけないので、ヨーグルトと繊維質ばっかりと言うのではいけません。
当然の事ながら良質な蛋白質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン等の摂取も必要なのです。これらの事を踏まえて楽しくバランスの良い規則正しい食習慣を心がけると、より健康に病気になりにくい体質になりますね。
さて、そろそろ大腸でも洗ってもらいますか…。
腸内細菌についてもう少し詳しく知りたい方は機能性食品 を参考にして下さい。

効果効能医療関係者質疑応答どこまで洗浄できますか?1回何分かかりますか?
何回やればいいですか?痔があっても大丈夫?腸手術後は出来ますか?やってはいけない場合は?
施術期間中の食事は?腸内細菌はどう変化?善玉菌も流れない?下剤と何処が違う?
誰でも施術できますか?初めての洗腸体験もう1人のモニター体験洗浄後のお腹の具合
2回目の洗浄体験医者の便秘の扱い大腸内視鏡専門ドクターへのインタビュー腸内細菌